種類によって大きく違うバイク保険

種類によって大きく違うバイク保険

バイク保険には大きく分けて2つの種類があります。このいずれの保険であるのかによって、カバーできる範囲が大きく違っているものであるため、バイク保険の加入を考えるのであればまずはこのどちらであるのか、あるいは両方の効果を持っているものなのか、ということについてチェックをしておく必要があるでしょう。

バイク保険の種類の1つが、賠償責任保険とよばれる種類のものです。この種類の保険は、簡単にいえば自分の事故によって自分以外の他人に対して被害を及ぼしてしまった場合について、その損害賠償の金額を補償することが目的となっているものです。

これに対して、もう1つのバイク保険の種類となるのが運転者や同乗者などの補償を目的としている傷害保険と呼ばれる種類のものです。こちらについては、自損事故に対応することができるものの他、自分が原因ではない事故によって損害を負ってしまった場合について対応することができるような保険も存在しています。

特殊なものでは無保険車傷害保険というものがあり、そのような事態を想定して対応することができるようになっているのが大きな特徴です。ただし、自分から招いた事故については効果がありませんので注意が必要です。愛媛県行ってみない?

最新情報

  • 種類によって大きく違うバイク保険のホームページを更新しました

    2017年10月26日

    ホームページを更新しました。